ご注文はこちら
碾茶とは?石臼で抹茶に碾きあげる前の
原葉のことを「碾茶」といいます。玉露と同じような栽培方法(覆下茶園)で茶葉を育てます。茶園にヨシズやワラで覆いをし、遮光をすることにより茶に葉緑素が増し、柔らかく鮮やかな緑色になります。また、渋味が押さえられ、甘味・旨味が強くなります。 碾茶を出荷する直前に石臼で挽いたものが「抹茶」となります。名称の「碾」は挽臼を表していて、挽臼で粉砕するためのお茶であることから「碾茶」と呼ばれます。 二種類の焙煎方法により上品で香り深いほうじ茶に仕上げました。 碾茶の茎は、茎独特の甘みを持っており、最初はその甘味を存分に感じられます。また、後味はすっきりとしていますので、お食事時のお茶としてぴったりです。 【博多棒茶】のおいしい淹れ方(3人分) 博多棒茶は、主に茎を主原料としているため、「カフェイン」量が少ないのが特長です! 博多棒茶でほうじ茶ラテをつくってみませんか?
ご注文はこちら