緑茶や、紅茶に含まれるポリフェノールは、口臭や虫歯予防に良いと言う話はよく聞かれます。
虫歯や、歯肉炎などの歯周病原菌には、インフルエンザの感染力を高めると言う、悪のコンビネーションプレイがあるらしく、こまめに歯磨きをするなど、口の中を清潔に保つことも、インフルエンザ予防のひとつと言えます。

そして、最近では紅茶の効能として歯周病原菌の生育を抑えるだけでなく、インフルエンザの感染に関わるタンパク質分解酵素の作用を抑える効果を持つことが期待されています。